早わかり!のぼり作成案内所☆

TOP > のぼりについて > 街中で目立つ存在ののぼりを活用しませんか

街中で目立つ存在ののぼりを活用しませんか

 街中を歩いていると、突然目に飛び込んでくるのぼりに目を奪われたことはありませんか。
何かやっているのではないかと思ってじっと眺めてしまうこともあるかもしれません。
きっと、お得な情報があると想像してしまうのでしょう。
スーパーなどでセールを行っている時にのぼりが立っていることもよくあります。
だから、どんな文字が書いてあるのかを読もうと思ってしまうのでしょう。
カラフルな色彩で、大きな文字が書いてあるので、とても目立ちます。
看板も目立ちますが、のぼりは歩道の端に置いてあったり、お店の目の前に何本も立ててあったりするので目に入りやすいです。
私たちの視線に入りやすい場所に置いてあるからこそ自然と視界に入ります。
とても良くできた宣伝方法で、多くのお店などがのぼりを活用しています。

 お店などの経営者側からすれば、のぼりを使ってお店を目立たせたいと思っているのではないでしょうか。
1本だけ立てている場合もありますが、大量に並んでいる場合もあります。
全部同じ柄ののぼりを大量に並べて存在感を出すこともあります。
必ずしも同じ柄が大量に並ぶ場合だけではなく、伝えたい情報がいくつもあれば1本1本ののぼりに違う情報を書くこともあるでしょう。
いろいろな使い方がありますが、それは柄を変えるだけではありません。
置く場所も大事なポイントです。
どこに置けば少しでも多くの人に知ってもらえるのかを考えた上で置いています。
車の通りが多い車道沿いのお店では、ガードレールの近くにのぼりを置くことがあります。
ガードレールに括り付けることもあるほどです。
お店のすぐ目の前に置いて歩行者へアピールするお店も多いです。

 のぼりならば、看板とは違って作り変えやすいメリットがあります。
だから、セールやフェアの情報を書いて、終わったら違う情報に変えて使うことは珍しくありません。
旬の情報をわかりやすく、目立たせることができるので、お店にとっては重要な宣伝手段です。
利用者側にとってもお得な情報を逃さなくて済みますから、多くの人が活用しています。
たまたま通りかかったお店ののぼりを見て、そのままお店に入ることはありませんか。
どんなに良いフェアやセールを開催していても知ってもらわないと来てもらえないので、のぼりをうまく活用しましょう。
不特定多数の人にアピールできますし、コストもあまり高くはありません。
既製品で対応しても構いませんが、オリジナルデザインの方がよりアピール力が高くなって目立ちます。

次の記事へ

カテゴリ